愛車査定時の疑問

愛車を高く売るには、まず内装から

車の査定価格に影響するのは、走行距離、車種、年式だけ
ではありません

 

いかに大事に乗っていたかも評価に入ります

 

査定する人はもちろんプロの方ですが、プロ以前に人間です

 

ですので掃除、洗車をしないまま査定に出すよりも、内外装
ピカピカにして査定に出した方が印象もいい。

 

逆に考えて見てください!

 

あなた自身が買う側の人間だったらもちろんきれいな車を探す
でしょうし、買取側でもきれいな車の方が印象もいいですよね

 

なので隅から隅までではないですが、見える範囲の場所はきれいに
して査定に臨みましょう

 

傷、凹みはどうしたらいいの?

愛車査定時にこういった悩みを持つユーザーさんはたくさん
います。

 

率直に言いますと

 

大きな傷、凹みは直さず、細かな傷等は直しましょう

 

 

何故大きな傷、凹みは直さない方がいいの?


 

それは簡単で単純な事です
大きな傷凹みを直すには時間と費用がかかってしまうからです

 

傷、凹みの度合いにもよりますが愛車査定額よりも高い費用
を請求されるケースもあります

 

なので大きな傷凹みは直さないようにしましょう

 

 

じゃあなんで細かな傷は直した方がいいの?


 

これも簡単なことで

 

小さな傷は誰でも簡単に消すことが出来るからです
またかかる費用も千円程度できれいになります

 

その魔法のような商品はコンパウンドといい

 

これでボディーをこするだけで傷、さびは消え、新車みたいな
鏡のような仕上がりになります

 

分からない方の為に商品紹介しておきます

 

ソフト99 B-192 コンパウンドトライアルセット  ソフト99管理番号  09192

価格:586円
(2016/12/15 21:09時点)
感想(2件)

 

興味を持った方は見てみてください

 

取り扱い説明書、整備手帳、保証書は大事に保管しよう

車を購入時必ずと言っていいほどついてくる取り扱い説明書
整備手帳、保証書は大事に保管しておきましょう

 

査定額にも影響してきます

 

大概の方はダッシュボードに保管していますが車上荒らしで
紛失なんてケースも聞いたことがあります

 

なので出来る限り安全な場所で保管しましょう

 

書類の他に純正パーツも保管しておこう

特に多いもので、マフラー、車高を下げるサスペンション、アルミホイール
などを社外の物に交換し純正パーツは売却してしまったというケースが
よくあります

 

ですがいくら高い社外パーツをつけても純正にはかなわない事もあります
(買取店、査定士によって違いあり)

 

では何故純正パーツの方が高く買取してくれるのか?

 

それは売却した車が中古車として販売されたとき純正のままがいい
というユーザーが多いからです

 

また、ドレスアップの好みは人それぞれ自分と同じ好みとは限りません

 

なので査定額が下がってしまうという事です

 

なので社外パーツを購入しても純正パーツは取っておきましょう

 

 

 


 
どんな車でも高く売るコツ 事故車、水没車でも高価買取 中古車の見極め方 ブラックでも車は買える 格安タイヤならオートウエイ